朝、毎日受粉しています。

夏のトマト、ナス、ズッキーニなどの果菜類は、花の雌しべに、雄しべの花粉が付かないと(受粉しないと)実が大きく育ちません。普段は気がつきませんが、トウモロコシなどは、

食べている一粒一粒から雌しべが伸び、その全てが受粉し、一本のトウモロコシに成っています。

トウモロコシの頭の毛の束は、受粉の為に長く伸びた雌しべの管です。

トウモロコシは風によって受粉する、風媒花ですから、細長く伸びた沢山の雌しべの全てに

ミツバチが訪れた訳ではありません。

zukki-nijuhunn-500.jpg

カボチャの仲間ズッキーニは(写真左)、虫媒花です。

今、ハウスの中にミツバチはいませんから、毎日、朝、雄花を捜して、

手で一つ一つ受粉します。天候によりますが、受粉後3〜4日で収穫となります。

トマトは風によって受粉する風媒花です。でも、ハウスの中はあまり風が吹きません。トマトの花は蜜もありませんから、虫もあまり花には来ません。

トマトを確実に受粉着果させるには、花の中心に1cmほど伸びた細い管を、軽く弾きます。

細い管の中に雌しべと雄しべが同居しています(自家受粉)から、こうすれば受粉します。

しかし沢山のトマトの花を一つ一つ叩くのも大変なので、普通はホルモン剤を吹き付けます。

もちろん有機栽培ではホルモン剤は使いませんから、人の手の代りに日本にいるマルハナバチを

ハウスの中に入れます。

少ないトマトの花粉を求めて、花粉を食べるマルハナバチが授粉をしてくれます。

075.JPG

tomatobaitoma-ku-500.jpg

トマトの花にマルハナバチが来ると、写真のように黄色い花柱が褐色になっています。

蜂が付けた足跡です(バイトマーク)。これで安心と言うわけです。(トマトは6月下旬ごろから出荷)

▲このページのトップに戻る