純国産鶏「もみじ」雛、60羽が農場へやって来ました。

hina-250-2.jpg純国産の鶏は、僅かに6%ぐらいとの事。今後ロカヴォの鶏は国産に拘ります。食べる餌は今迄どうり、動物タンパクは一切やらず、モミガラと米ぬかの乳酸発酵、カキガラ粉末、野菜の残材、くん炭など。最初の餌付けが大切で、玄米と野菜、山水だけで10日間無事過ぎました。

現在出荷中の鶏も今日まで一羽も病気で死んでいませんが、粗食と沢山の有機野菜が健康に良いと、勝手に考えています。

hina-250.jpg8月12日現在羽も生え、1メートル以上飛びあがり、段ボールの箱を乗り越える勢いです。ズッキーニが大好物。

出荷用のズッキーニが不足気味なので、なかなか雛たちに回りません。

▲このページのトップに戻る