冬の農作業ー苗床の土(培土)づくり

ロカヴォの畑の土
 
燻炭と貝化石
苗床培土ー200.jpg
  畑の土+燻炭+貝化石ー200.jpg
  • 苗床用の土は畑の土を使います。山道の崩土や販売されている培土は信用できない。松原農場は10年前田圃用に造成され、3年間作付けされずに放置された場所を借り、土壌分析と放射能検査を1回しました。
  • 写真の左側はカヤが密集した荒れ地です(野菜はイネ科の品種は少ないから連作障害は少ないと判断)
 
  • 畑の土に自家製燻炭をタップリ入れ、富山産の貝化石を適量加え全体を混ぜます。
  • 燻炭はもみ殻の「炭」ですから、無菌で通気性がある為微生物の住処になり、貝化石もほぼ無菌でPHは中性のCaなどのミネラルを含む多孔質素材で微生物の住処に適しています。

▲このページのトップに戻る