薪火乾燥原木椎茸

makibikannsou -1-350.jpg標高700m以上の四国カルスト山麓で収穫された原木椎茸は、灯油のボイラーではなく、昔ながらの薪火で乾燥されます。杉の木箱に並べられた肉厚の原木椎茸は、窯にくべられた薪の強い火力の熱に包まれて、ゆっくりじっくり乾燥されます。
makibikannsou-2-350.jpg       

椎茸の入った木箱の下がドラム缶を加工した窯の上面です。

makibikannsou-3-350.jpg

乾燥温度は40℃前後でゆっくり気長に時間を掛けます。火力調整は焚口から取り込む空気の量と、煙突から出る煙、排気口で調整します。収穫された原木椎茸はすぐ窯に入れられ、翌日の夕方60℃以上の強い火力で仕上げ乾燥されてから取り出します。(高温で椎茸の香りが初めて引き出されます。)

薪火の煙は直接椎茸に触れませんが、薪火特有の匂いが乾燥椎茸の香りと相まって独特の深い味わいとなります。

肉厚の薪火乾燥された原木椎茸は、冷たい水で一晩ゆっくり冷蔵庫で戻してください。

ロカヴォの原木椎茸は、高知県梼原産のクヌギ、楢の木を使用

gennbokusiitake-350natu.jpg原木椎茸は梼原産のクヌギ、楢の木を使用。冬、1メートルにカットした原木にドリルで穴を開け、椎茸菌を植え込みます。植菌後、原木全体に菌がまわるよう、充分散水し、湿度、温度を保つようにシートなどで覆い、春、菌の繁殖を確認後、山の木陰か日除けしたハウスに伏せこみます。秋遅く低温に感応した菌から芽が出て椎茸に成長。ただし本格的に発生するのは翌年の秋になります。気の長い作物です。

低温に感応する菌は暑さに弱く、40℃以上で死滅。

夏場の管理がポイントです。(上の写真は夏場散水中の原木椎茸)

 

肉厚どんこ

氷点下の朝が続く12月に、ゆっくり時間をかけて育った肉厚の原木生椎茸。乾燥した冷気の中で無言の花が開く

原木乾椎茸

2010gifuto3.jpg  12月に入って植菌2年物の原木から収穫が始まり、現在毎日乾燥中。2011年度産が出荷中です。   スライス   40g入り    600円    香信     60g入り    900円   どんこ    60g入り   1200円    花咲どんこ  60g入り  1500円 

▲このページのトップに戻る