ヒゲ親父 ご挨拶

feisubooku you.jpg

四国カルスト山麓のふもと、雲の上の町梼原で17年以上有機野菜を作っています。標高600〜700メートルの農場はすべてオーガニック。食べ物の自給自足(地域自給)と農場内の(地域内の)エネルギー循環で持続できる農業生活がテーマです。
過疎、少子高齢化が進む典型的な中山間地域ですが、四万十川源流水、激しい寒暖の差、山奥の甘い空気など、静謐な自然に育てられた有機野菜は美味しく、生命力があります。有機野菜、お米、鶏、原木椎茸、ハーブ&スパイスなど、どれも少量生産ですが、是非一度試してみてください。 緑の野菜に生命力を感じる貴方は、もう元気になっているかも知れません。

2011年8月より梼原町で最も南に位置する松原地区(標高250メートル前後)で、新しく農場を開きました。主に冬場の葉物野菜の生産、小麦、お米、大豆などの穀物を主力に有機農産物の生産拠点を目指します。

またセラピーロードを含むオーガニックな生活体験を通して、都市生活に疲れた人たちを元気づける活動を、模索しています。

2011:11  ロカヴォ代表 高津(ひげ親父のバックの木?は、ごぼうです)

▲このページのトップに戻る