寒さに弱い里芋を堀上収穫。すぐ土の中へ埋め込みます。

satoimohoriage-300.jpg11月2日3日と強い霜が降り、車のフロントガラスは氷結し、お湯をかけてから畑に出発。寒さに弱い生姜、里芋、サツマイモなどは、畑に放っておくと茎が氷結し、やがて地際から芋が腐り始めてしまいます。急ぎ収穫し保存しなければなりません。
今年の夏の雨続きで里芋の地上部の丈は背丈を超え、とんでもない大きさです。片手で握れないほどの地際の太い茎を鎌で切ると、切り口から水が噴き出てきます。スコップで株の周りに切り込みを入れ土ごと堀上ます。
satoimo-300.jpg芋と根にしっかりついた土を洗い流すと意外と立派な子芋が付いています。あまり茎が生い茂ると芋が付かないのですが天候不順の割には上出来です。写真の里芋は子芋、孫芋を食べるぬめりの強い品種です。今年は親芋を食べる茎の赤い品種も作りました。こちらはぬめりはなく、ほっくりした芋はきめ細かく別の美味しさです。
 http://locavo.net/shop.cgi?class=2%2F21&keyword=&superkey=1&FF=0&order=&pic_only=

▲このページのトップに戻る