尻腐れーエアルームトマトがCaカルシウム不足です

尻腐れトマト-200.jpg   尻腐れとまと-200-2.jpg

5月の異常な暑さと水不足でエアルームトマトの一部の品種が尻腐れとなりました。
Caカルシウムはトマトの根が水を吸い上げる時土壌から供給されますが、植物の身体の中を移動するのが苦手です。高温と水不足で新芽や果実に障害が出ます。 

 

今年のエアルーム品種は27品種。今のところはCa不足は2品種のみ。尻腐れ果は摘果し、こまめに手灌水を続けます。多分水分の調整で尻腐れは止められる思います。夏の暑さはこれからが本番。梅雨の晴れ間が一番難しい管理を求められます。

夏の病害虫 アブラムシ うどん粉病

aburamusitoremonnba-bena-350.jpg

夏の害虫の代表はアブラムシ。品種も多く、ほとんどの野菜に寄生します。アブラムシの天敵はテントウムシや蜂、カゲロウ、アブなどで、共生仲間はアリ(蟻)です。アブラムシは野菜の汁を吸い、蜜を分泌し、アリはその蜜を食べるために野菜の新芽にアブラムシをせっせと運びます。

左の写真はレモンバーベナに寄生するアブラムシを捕食するテントウムシの幼虫。

 

 

 

 

 

うどん粉病は乾燥した暑い夏場に発生しやすい病気。カボチャなどのウリ科に出やすいが、写真はせり科のイタリアンパセudonnkobyou-itapase-300.jpgリ。白い粉を葉に降りかけたように見える。うどん粉病が広がると生育不良となり、やがて枯れてしまうこともある。

写真の緑の綺麗な葉は健康なイタリアンパセリです。

▲このページのトップに戻る